BESS『程々の家 倭様八風』仮の宿り計画

家居のつきづきしく、あらまほしきこそ、仮の宿りとは思へど、興あるものなれ

BESS 『程々の家 倭様八風』永住の地建設計画! 〜程々に紹介編〜

先日もブログサボりました。すみません。

というのも実家に帰省しておりまして父親に土地の契約書類なんかを見てもらっておりました。

言い訳ですよ、ええ。

 

以前はBESSで家を建てることを記事にしました。

bess-yamatoyo.hatenablog.com

はじめに

今回の記事では程々の家とはどんなものかざっくりと紹介したいと思います。

タイトルで既に公表しておりますが、我々星の屑夫婦が建てようとしているのはこちら

程々の家 倭様(やまとよう)「八風」

です。

yamatoyo.bess.jp

コンセプトは極めて、いい加減

建設においていい加減では困るのですが、この“いい”はbetter的な意味合いの方でしょう。

最近の流行りの家とは一線を画した昔ながらの日本家屋のような印象です。

BESSはログハウスメーカーですけどこちらのモデルはログハウスではなく在来軸組工法を採用しています。

しかしログはあまり好きではなく、かといってキューブ型の家もあまり惹かれなかった私達。

この家に一歩入った途端恋に落ちたのです。その様子はこちらをどうぞ。 

bess-yamatoyo.hatenablog.com

 さて簡単な紹介です。

「程々の家 倭様」とは

そもそも程々の家“無印シリーズ”(と勝手に呼ばせてもらいます)があり、そのニューモデル版です。

ジャパネスクハウス 程々の家

 

f:id:xray-stardust:20190513195747p:plain

https://www.bess.jp/japanesquehouse/

こちらは陰翳礼讃をコンセプトにしております。

『陰翳礼讃』(いんえいらいさん)は、谷崎潤一郎の随筆。まだ電灯がなかった時代の今日と違った日本の美の感覚、生活と自然とが一体化し、真に風雅の骨髄を知っていた日本人の芸術的な感性について論じたもの。

wikipediaより

日本人の生活と自然の一体化・・・いかにもBESSっぽい!!

www.bess.jp

程々の家無印シリーズには延床面積の小さい方から

「七草(ななくさ)」

「八風(やつかぜ)」

「九重(ここのえ)」

「十露(そろ)」

があります。ネーミングが大変すばらしいですね。自然を感じます。

倭様のモデルはふたつ

f:id:xray-stardust:20190513200822j:plain

https://yamatoyo.bess.jp/

しかし倭様では今のところ

「八風」

「十露」

の二種類になっています。

  

f:id:xray-stardust:20190513200357p:plain

http://sp.home.kingsoft.jp/news/life/goout/58976.html

まさに「木の家」のテーマパーク。LOGWAYで未来体験してきました。【BESSの家探訪】 | StartHome

ここでひとつ付け加えておきますと、もし私達夫婦が程々の家無印シリーズだけしか見ていなかったら住宅購入に踏み切ることはなかったと断言できます。

(実際に建てた方、申し訳ありません)

程々の家倭様を外から実際に見て、中に入ったからこそ「建てたい!」となったわけで、その点を考えるとたまたま遊びに行った展示場に倭様があって本当に良かったです。

夫婦揃ってビビビッと来ることは今後の人生でそう無いと思います笑

 

って、程々の無印も倭様も見た目一緒じゃん!!!

と思った方。全然違います。

外観は似ていますけど中に入って初めて違いがわかりますよ。

f:id:xray-stardust:20190513200617j:plain

https://yamatoyo.bess.jp/

f:id:xray-stardust:20190513200613j:plain

https://yamatoyo.bess.jp/

ではその倭様はBESSのどこの展示場に行けば出会えるのでしょうか。

 

倭様のある展示場(2019/5 現在)

BESS川口

BESS多摩

BESS藤沢

BESS京滋

まだまだ倭様のあるBESSは少ないですね。

でもここで朗報!営業の方によるとこれまでの程々の家無印シリーズは順次倭様に置き換わっていくとのこと。気になっている方も多いと思いますが、そのうち近くの展示場で出会えると思います。

 

うそかまことかBESS創業者が自身の終のすみかとして作り出したという倭様。

今後も程々に紹介していきたいと思います。

 

 

などと偉そうに紹介してきましたが、本当に建つのだろうか・・・。