BESS『程々の家 倭様八風』仮の宿り計画

家居のつきづきしく、あらまほしきこそ、仮の宿りとは思へど、興あるものなれ

BESS 『程々の家 倭様八風』仮の宿り〜5週目棟上初日編〜

台風18号を無事にやり過ごしすっきりとした秋晴れを迎えております。

 

今回は着工から5週目の棟上の様子を紹介します。

 

ちなみに4週目はBESS展示場に照明とカーテンの最終チェックの打ち合わせに向かいました。我々の変更点は過去の記事で紹介しておりますが、建築士さんと話すと多少の調整が必要でしたね。その様子はまた改めて記事にまとめます。

www.1984cinema.club

4週目の現場は「資材を積んでます」とのことでしたので、三日後に迫る棟上の日にお邪魔することにしました。職場には半日休みをもらって現場に急行です!

 

さて、その棟上です。

秋といえば何ですか?

 

クレーン高く、馬肥ゆる秋

 

f:id:xray-stardust:20191005150254j:plain
とは言いませんかね。

 

遠くからテクテク歩いていくと空にクレーンが伸びていまして、どこか近くで工事やってんのかなと思うとまさかのウチでした笑

f:id:xray-stardust:20191005115241j:plain


時間は午後2時。

朝から棟上が始まったようなんですが、昼休みも入れてわずか6時間ほどでここまでできるのですね。

あまりに早い進捗状況にびっくりしました。クレーンで持ち上げ大工さん達がポンポンはめ込んだら家の形が昼過ぎには見えてきております。すごい。

f:id:xray-stardust:20191005145914j:plain
f:id:xray-stardust:20191005145927j:plain

 高い秋の空にクレーンが映えています。

しばし職人さん達の働きに見とれております。動画も撮影しております。

現場監督さんがいうには、現場に来ている職人連中は昔からよく一緒に仕事をしているメンツでツーカーの仲だと。みんな若いけど腕はいいからご安心を、ということでした。

確かに、20代そこそこのお兄ちゃんもいますな。

しかし幼い顔の大工さんもクレーンから梁を受け取ってピッタリはめます。うーん、カッコいい。

f:id:xray-stardust:20191005115233j:plain

この日は資材の搬入もありましたので大型トラックの運ちゃんと、熟練クレーン操縦士さんも来ておりました。

差し入れに炭酸とコーヒーを買っていったのですが、一体何本買えばいいかわかりません。根拠のない予想をして12本!としました。

実際には全員で6人ということでしたので一人二本でちょうど良かったですね。

 

そうそう、我が家では上棟式は行いませんでした。

そのため餅まきもしておりません。

BESSの方からは、地鎮祭は行った方がいいですけども上棟式はお任せしますという具合でしたので、街中はそうなのかーと思いましたね。筆者出身の田舎では棟上に餅まきイベントは必須でして、その都度母が餅拾い狂喜の舞を踊りますので、これが省略できるのには多少カルチャーショックでした。

 

そもそも上棟式ってなんですかね。餅まきってなぜ行うのでしょうか。

餅まきの由来

餅まきの由来は、災いを払うために行われていた儀式だといわれています。昔は、家を建てられるということは富の象徴であり、それを妬む厄災などが起こると考えられていました。

それを防ぐために、神様に献上するお供え物であり保存食でもある餅や小銭をまくといった習慣が生まれ、それが“上棟の際は餅まきを行う”という日本の伝統として受け継がれているのです。

さらに餅まきは、災いを払うとともに、地域の住民たちへの感謝や、多くの餅をまくことでみんなにも福をわけるといった意味合いからも行われています。

新築における餅まきは必要? 由来から餅の調達方法まで紹介 | 住まいのお役立ち情報【LIFULL HOME'S】

家の建築は富の象徴ではなく借金のそれなのですけども、周囲からは妬みの対象なのですか。理不尽ですな。ま、そんなやっかみを餅と小銭で誤魔化しつつ近隣への感謝を表そうという色々と便利な神事ということですね。

我が家は上棟式は行いませんでしたが、現場の皆さんにも近隣の住人の方にも大変感謝をしておりますよ、ほんとですよ!

 

f:id:xray-stardust:20191005151247j:plain

 

この日の作業が終わるまでずっと見たかったのですが、施主が現場にいるとやりにくかろうということで1時間ほど見せてもらって帰りました。

クレーンが来るとテンションが上がりますね。

でも、資材に筆者夫婦のラベルが貼られたままです。この紙がくっついたまま木材は空を舞うのです。

なんか恥ずかしい。

 

ではこれで棟上初日編を終わります。

つづく!!

 

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村