BESS『程々の家 倭様八風』仮の宿り計画

家居のつきづきしく、あらまほしきこそ、仮の宿りとは思へど、興あるものなれ

仮の宿り建設計画! 〜土地の所有権移転完了につき、キャンプしてやるよ!編〜

先日、ツイッターでもちょろっとつぶやきましたが土地の代金を払ってまいりました。

 

地元銀行のブースをお借りして

進行役の不動産屋さん、売主(女性)、買主(筆者)、司法書士の先生の4人で手続きを行いました。

途中、融資をしてくれる住宅ローン屋さんとの電話や地元銀行マンの指示をもらう場面も含みました。

そうなのです。話はややこしいのですが地元銀行では融資が下りなかったので別の銀行さんから地元銀行にお金を振り込んでもらってそこから売主さん、不動産屋さん、司法書士の先生にそれぞれ代金お支払いという流れでした。

 

噂には聞いておりましたが、一瞬だけ金持ちになりました。

見たこともない桁の額が通帳に記載されているではありませんか!

そして直後にマスゲームでもできそうな大量の諭吉さんたちは持ち主の筆者と顔を合わすことなく売主さんとこに旅発って行きました。。

 

その金額、束で見せてくれよ!!!

たくさんおる諭吉と風呂入らせてくれよ!!!!

 

との願いむなしく右から左へと流れて行ったのです。

残り十数万円は司法書士の先生、数十万円は仲介手数料で不動産屋さんに。

 

その瞬間だけ金持ちになったことは確かです。通帳が物語っていますから。

ですが、まぁ無事に登記が完了したのでヨシとしましょう。

 

残るは重い重いローンとまっさらな土地のみ。

 

しかし所有権は移ったのだ!

あそこの土地は俺のものだ!何やっても文句は言わせない!!

そうだ、キャンプしてやる!!

平らな土地だ。キャンプにはもってこいだ!

火を焚いて何が悪い!

住宅地でキャンプファイアーしてやる。

f:id:xray-stardust:20190613220348j:plain

Photo by adore chang on Unsplash

というアホなことを考えつつ意外とあっさり事務手続きは終わりました。

時間にして約40分。

堅苦しい空気を想像していましたが、売主ママさんが連れてきていた息子さん(2才くらいかな)にみんな癒されました。ありがとう、少年。

というのも突然、

 

「ママ、ちん◯痛い。ち◯こかゆい」

 

と銀行ブースでまさかの連発。

悲痛な顔と相まって吹き出さずにはいられません。

しかしママが一番焦ったと思うぞ。

 

まさか土地代を払う場でち◯こという単語を聞くとは思わなかった。

いい思い出ができたよ、でも泌尿器科へ行けな!

 

以上、下ネタを含みましたが進捗状況の報告まで。