BESS『程々の家 倭様八風』仮の宿り計画

家居のつきづきしく、あらまほしきこそ、仮の宿りとは思へど、興あるものなれ

土地を買う前に「不動産取引価格情報検索」システムを活用しよう。土地取引状況調査票が届いて初めて知る。

暑い日が続いています。

大気が不安定で全国的に急な落雷と大雨に襲われているようです。まだ更地の我が家では土が流れないか、それだけが心配です。

 

 

さて6月に土地を買いました。その場で司法書士の先生に登記の手続きをしていただきまして、今日はその続きの話です。

土地名義移転の様子はこちらから。

bess-yamatoyo.hatenablog.com

 

土地取引状況調査票

珍事の土地売買から2か月後、現在住んでいる賃貸にこのような書類が届きました。

f:id:xray-stardust:20190822204324j:plain

土地取引状況調査票と書いてあります。

なんか怪しい。

Google で検索してみると“無視”とか“義務”とかのワードが飛び交っていて、ますます怪しい。そこで同封の書面にて書かれてある URL から少し調べてみました。

そのサイトはこちら

www.land.mlit.go.jp

土地取引状況調査票の正体は国土交通省が公式に行っているアンケートでした。

ここからは筆者が疑問に思った QA を一部抜粋して掲載します。

アンケート実施者に関して

Q 調査はどこかしているのか?

f:id:xray-stardust:20190822210219p:plain

国交省の土地鑑定委員会なるものが実施しているらしい。ではその組織は何だろう。

Q どのような組織か?

f:id:xray-stardust:20190822210222p:plain

地価公示のための国の機関であって根拠法もしっかりあるということ。

いや、でもまだまだ完全には信じられないぞ。

Q 本当に国の調査か?

f:id:xray-stardust:20190822210225p:plain

記載の書類と手元にある届いた文書を見比べると一致しています。これで正式な国調査というのが判明しました。

と言いますかね、筆者の購入した土地の住所と面積、現住所が既に印字されて送られてきているわけで、これを全部知っているのは売主・不動産屋・司法書士しかおりません。第三者が知り得る情報ではないのですですから、もう最初から国調査だなとは思っていましたよ。

ではその目的は何なのでしょうか。

アンケート全般について

Q 目的は?

f:id:xray-stardust:20190822210228p:plain

土地の価格が正常かを判定するためであって、これらの価格を参考に民間の土地売買の適正な価格決定を促したり、もしくは公共団体が土地取得価格の目安に使ったりと土地価格の基準を算定するために情報を集めているようですね。

そして注目してもらいたいのがこの文の最後ですが、

 

実際の取引価額に関する情報を国交省ホームページで公表とあります。

え?こんなサービスを行っていたのか国交省は!

 

これは土地を買う前に知っておきたかった。

リンク先では全国の過去に売買した土地の面積や価格など詳細が検索できますのでこれを活用しない手はありません。

 

www.land.mlit.go.jp

 

東京を選択してみました。

f:id:xray-stardust:20190822205854p:plain

こんな感じです。

操作性もかなりgood!!

なぜ知らなかったのだおれは!!これは相場を知る絶好のシステムじゃないか。

 

推測:不動産業界の裏事情

買い手側からすると現在売りに出ている土地の価格は分かりますが、それが適正な範囲内かどうかは非常に分かりづらいですよね。

その土地の近くで売りに出ている別の物件の価格を見比べるぐらいしかできることはありません。

不動産屋の営業マンが「お買い得ですよ」とイケイケな殺し文句を言ってきたところでそれが真実か嘘かは分からないものです。

でもこの国交省の検索サービスは現代では売買において普通の事だと思うのですよ。

例えばメルカリにしても、売り切れの商品を検索しただけでその品物の相場がわかるようになっています。

今では当たり前となった売主と買主をつなぐ透明性が不動産各社にはありません。ネットでも売りの物件は検索できるけれども、売買済み物件が検索できるシステムは見当たらないですよね。

すると買主には情報がないわけですから、売主や不動産の言い値で掴まされる可能性が大いにあります。むしろこれらの過去の記録を開示してしまうと、買い手側に有利に働くので売り手側は情報を積極的に出さないのでしょうね。

推測ですけども。

 

筆者の場合は今更この検索システムを知ったので何ともなりませんが、これから土地購入を検討する方にはぜひ利用してほしいサイトになっております 。

検索してみよう

ものは試しに大都会大東京のシロガネーゼ付近を検索。

f:id:xray-stardust:20190822210212p:plain

ん?

よく見えませんね。

拡大してみよう。

f:id:xray-stardust:20190822211825p:plain

280平米で4億6000万!!!???

 

卒倒です。

シロガネーゼは超上級国民の国だということがわかりました。

パスポートいるんかな。

 

とまぁ、こんな楽しみ方をしたら一日時間潰せるかもしれません。

土地購入を考えている方、ぜひ活用してみてください。

 

では今日はこの辺で。

果たして我が家は基礎工事が始まっているのでしょうか。。